« なお・・・ | トップページ | アイドルマスターについて考える(3) »

2006年11月18日 (土)

アイドルマスターについて考える(2)

では、なぜに360だったのかを個人的な観点から考えて見ます。

最大の特徴はネットワークで育てたアイドルをネットで対戦させるところにあると思います。ゲーセン版の基盤はPS2互換ですので、PS2への移植自体はなんとかなりそうですがオンライン環境がお世辞にも整っているとはいえない(アイテム課金とかは自社サーバとかなんとかしないといけなさそうだし)のでちょいと不向きかなと。もちろん後継機種であるPS3が発売されるというのも移植されなかった理由のひとつでしょう。

PS3で出せばオンライン環境はPS2よりも整備されてるし、グラフィック周りも向上するのでいいことばかりのようですが、正直PS3立ち上げ時では整備されているとはいえ、オンライン環境利用そのものがユーザーに不透明で、例えば現状PS3版GTでコースとかどうやって購入するのか(コンビニでポイント買うのか、クレジットカードでかうのか等)はいまだ不明のままです。そのような状況で発売するのは時期少々(せっかくのアイテム課金で利益がでない)と踏んだのかなと思います。

ただし、PS3の発売半年後以降に発売するのであれば上記のような不安は解消されるでしょうが、それではアイマス自体の人気に陰りが出ていてもおかしくはない(ゲーセン稼動から2年後になる)ですので、いくら本体が360よりも売れたとしてもソフトが売れなければどうしようもないわけです。(アニメ化などするようですが、どうも原作重視のつくりではないようですし)

ならゲーセン稼動から約1年後で勢いがあるうちにアイテム課金等のオンラインシステムが既に構築済みの360で出すというのが利益・盛り上がりなどの面から見ても妥当だったのかなと思います。そういう面では360が先行して販売・構築してきたメリットが功を奏したのかなと。

もしもは禁句でしょうが、PS3が当初の予定通り春に発売されていれば間違いなくPS3移植はあったのではないかと。もちろんこれからのPS3で発売される可能性も無いとはいえないですし。(流石に同時移植中・・・ってことはないでしょうけど)。

ということでもうちょっとだけ続きます(ド○ゴン○ールみたいだww


« なお・・・ | トップページ | アイドルマスターについて考える(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159182/12518481

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスターについて考える(2):

« なお・・・ | トップページ | アイドルマスターについて考える(3) »